『そろばん』のすゝめ

全国大会に出場経験のある管理人が『そろばん』のノウハウや経験談をお伝えしていくブログです。

そろばん

「そろばん」は誰でもできる?大人はやる意味あるの?

投稿日:2017年1月11日 更新日:

「そろばん」は誰でもできる

「そろばん」は誰でもできます。

年齢なんて関係ありません。

子供はもちろんのこと、
大人だって継続して練習すれば、
一定の効果は見込めると思います。

 

現代では、
子供の能力開発の手助けとなるツールとして、
そろばんを習わせている親御さんが多いので、

“そろばん=子供の習い事”

というイメージがついていますが、
大人でも自身の能力を向上させるために、
そろばんをやることは効果的なんです。

 

自分の趣味として、
そろばんを始めるのもいいと思います。

「そろばん」も、ちゃんとした資格ですし、
上達するにつれて楽しくなっていきますよ。

 

「私、手先が不器用だから…」
と思っている人も心配はありません!

やっているうちに、
そろばんの珠の重さ力の入れ具合にも慣れ、
スムーズに珠をはじけるようになりますよ。

 

大人でも暗算できるのか?

そろばん式暗算用の脳を作れるか

大人でも継続して練習していれば、
暗算だってできるようになる…と思います。

ただ、“思います”と濁したのは、
必ずできるようになるかは分からない
からなんです。

 

そもそも、そろばん式の暗算は、
頭の中にそろばんを浮かべて計算します。

そろばんをしたことない人は、
頭のそろばんで計算することはできないし、
脳がそろばん式暗算用にできていません。

この“そろばん式暗算用の脳を作る”ことが、
大人になってできるのかが分からないのです。

 

これが大人になってからでも、
脳を“そろばん式暗算用の脳”にできれば、
暗算をすることができるようになります。

 

そろばん式暗算には時間が必要

目的地までの道順をイメージするのと同様に、
そろばんでする計算をイメージするのです。

 

そろばんを継続的に練習することで、
そろばんの映像を頭にすり込み、かつ、
それをイメージしてそろばんの珠を動かす。

理屈で言うと、そんな感じなので、
大人になってからでもできないことはない
と思うのですが…。

 

もちろん、
そろばんの映像を頭にすり込む為には、
長期間、継続的にそろばんを練習して、
何度も何度もそろばんを見ることによって、
視覚的にそろばんを捉える必要があります。

さらに、そろばんの珠の動かし方を、
すべてマスターしていなければなりません。

 

このようなことから考えても、
おそらく、そろばんが頭にイメージできて、
そのそろばんで計算することができる為には、
かなりの時間を要するのではないでしょうか。

子供ならいざ知らず、
大人になってからだとなおさらですからね。

 

やってみなきゃ分からない

大人になってから、
そろばん式暗算を身につけようとしても、
“時間が必要+身につくか分からない”ので、
なかなか手を出しづらいかもしれません。

如何せん、
大人になってからそろばんを始める人が、
周りにいないのでなんとも言えないのが、
非常に心苦しいところではあります。

 

とは言っても!

やってみなきゃ
分からないではないですか(笑)

最初は趣味程度で始めて、
しっくりこなければ辞めればいいし、
興味持てたらチャレンジすればいいんです。

 

もし暗算ができるようになれば、
それはもう“特殊能力”を得たも同然ですよ!

 

大人も「そろばん」をやる効果はある

みなさんは
“そろばんは子供がやるもの”
というイメージを持っていませんか?

 

「大人になった今からそろばん?」
「なんか意味あるの?」

と疑問に思う人も多いでしょう。

意味あります!大ありです!!

 

「そろばん」は、
人間の脳にとてもいい影響を及ぼします。
それは多くの脳科学者が認めております。

それに、手を使って珠をはじくことで、
自然と脳のトレーニングになっています。

今では、ボケ防止のために、
「そろばん」が使われていたりするんですよ。

 

一般的に「そろばん」は、脳の中でも、
“理論・計算をする領域の左脳”ではなく、
“イメージなどをする右脳”を使います。

そろばん経験者の私だから分かりますが、
そろばんの珠を弾く指の動きは体で覚え、
次第に指が勝手に動くようになるんです。

これ本当なんですよ!

 

「8」に「9」を足すときは…
「1」の位の珠を1つ下げて…
「10」の位の珠を1つあげるんだよな…

 

なんて
理論的に考えながらやるのは最初の頃だけで、
練習すれば考えないでできるようになります。

考えないでできるようになっていれば、
それは右脳を使っているということなんです。

このように右脳を使うことは、
脳みそに非常に良い刺激になるんですね。

 

さらに、
そろばんを継続的に続けることによって、
“視覚的に”イメージできるようになるんです。

「そろばん」を頭の中でイメージ化しつつ、
頭の中の「そろばん」の珠を動かすんですね。

これで計算できれば…
もう暗算しているということなんです。

 

どうですか?
できそうじゃないですか?

できないなら、
まだ練習が足りないということです。

でもそろばんをすることで、
あなたの脳は知らないうちに、
どんどん活性化されているんですよ

-そろばん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

『そろばん』段位~かけ暗算~

段位認定試験「かけ暗算」の問題例   段位「かけ暗算」の問題です。   被乗数(かけられる数)と 乗数(かける数)合わせて5~7桁の問題となります。 問題は最後の方に行くにつれて難 …

実際に『そろばん』をしてみよう!Part.3

前回からの続きです! 《前回のブログはコチラ⇒実際に『そろばん』をしてみよう!Part.2》 1から10まで足してみよう!《前回の続き》 さて、前回までに1から7まで足してきましたよね。今の時点で、図 …

『そろばん』段位~かけ算~

段位認定試験「かけ算」の問題例 段位「かけ算」の問題です。   被乗数(かけられる数)と 乗数(かける数)合わせて11桁の問題となります。   これが60問で制限時間10分です。 …

「そろばん」をするには何が必要なの?Part.1

目次1 まずは何といっても…そろばん!2 どんな「そろばん」を買えばいいのか?2.1 ポイント①:そろばんの長さ2.2 ポイント②:そろばんの機能3 そろばんは上達とともに買い換える まずは何といって …

『そろばん』段位~見取り暗算~

段位認定試験「見取り暗算」の問題例 段位「見取り暗算」の問題です。   4桁・6桁・8桁×10行の問題が、 それぞれ10問ずつ出題されます。 問題はかけ暗算やわり暗算と同様に、 最後の方に行 …

名前:abacus-man(アバカスマン)
職業:公認会計士
特技:暗算
趣味:カラオケ、読書、猫の世話