『そろばん』のすゝめ

全国大会に出場経験のある管理人が『そろばん』のノウハウや経験談をお伝えしていくブログです。

そろばん

『そろばん』が上達するポイントは?Part.1

投稿日:2017年1月20日 更新日:

上達のスピードには個人差がある

『そろばん』の上達度合いは、
人によってまちまちです。

なので、
一概に“このぐらい”と言えない
ところはあります。

 

はやくから始めたのに、
なかなか伸びない子もいれば、
小学生3~4年生くらいから始めたのに、
あっという間に十段を取得してしまうような子もいます。

これは“個人差”なので仕方ないことです。

 

継続は力なり

上達スピードは個人差ありますが、

練習しないのに、
上達することはまずありません!

それは間違いない事実です。

 

何でもそうですが、
継続して練習することが一番重要です!

なるべく毎日練習をすることです。

 

『そろばん』は、
1日練習しなかっただけで、
珠を入れる指のスピードが落ちます。

上級者にもなれば、
計算をするスピードがかなり重要になるので、
上級者になればなるほどそれを実感すると思います。

だから
なるべく毎日“そろばん”を触る
必要があるんですね。

 

ゆる~く、なが~く、練習を続けよう

ただ、
毎日継続するのはなかなか大変です。
練習できない日もあるでしょう。

頭の体操になれば、
そこまでやりこむ必要もないかなー
という人もいると思います。

 

なので、
毎日できれば理想ですが、できなかったとしても、
「できなかった次の日はやろう!」という感じで決めて、
“何日もそろばんに触っていない状況”がないようにしましょう。

そうすれば、
間違いなく上達します。

 

時間がない時は、
練習時間10分でも15分でもいいんです。

練習時間よりも継続する方が大事です!

 

ちなみに、
小学生くらいの子なら毎日練習を継続すれば、
少なからず結果はでます!!

継続して、
検定試験1回分毎日こなしていれば、
大会でも上位に名前を連ねることができるようになります。

 

1日に長時間練習すると、イヤになってしまので、
無理のない程度にいい意味で“ゆるく”

でも『そろばん』の効果を
より得るために“ながく”

そんなイメージで練習しましょう!

-そろばん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

そろばんのやり方を学ぼう!基礎編-Part.3-

前回からの続きです! 《前回のブログはコチラ⇒そろばんのやり方を学ぼう!基礎編ーPart.3ー》 1から10まで足してみよう!《前回の続き》 さて、前回までに1から7まで足してきましたよね。今の時点で …

珠算能力検定試験9・10級 まとめ

問題構成 9・10級の検定試験は、 「見取り算」と「かけ算」のみとなります。 見取り算10問+かけ算20問(計30問) 全部あわせて、制限時間20分です。 どうですか?できそうですかね?

一日の練習内容は?

・練習は毎日が基本 『そろばん』の上達には、毎日練習することが大切です。 そのことについては前のブログでも書きましたが、毎日の練習メニューはどのような内容なのか。ここでは、私が実際にしていた練習メニュ …

『そろばん』段位~見取り算~

段位認定試験「見取り算」の問題例 段位「見取り算」の問題です。   10桁の数字が10列です。 答えは11桁になります。   これが30問で制限時間10分です。

「そろばん」ができると何がいいの?メリットは?

目次1 集中力が身につく!1.1 そろばんは“秒単位”の競技1.2 計算中は緊張感漂う教室内2 数字に強くなる!2.1 苦手意識が消える2.2 人生に数字はつきもの3 暗算ができるようになる!3.1 …

名前:abacus-man(アバカスマン)
職業:公認会計士
特技:暗算
趣味:カラオケ、読書、猫の世話