『そろばん』のすゝめ

全国大会に出場経験のある管理人が『そろばん』のノウハウや経験談をお伝えしていくブログです。

そろばん

『そろばん』が上達するポイントは?Part.1

投稿日:2017年1月20日 更新日:

上達のスピードには個人差がある

『そろばん』の上達度合いは、
人によってまちまちです。

なので、
一概に“このぐらい”と言えない
ところはあります。

 

はやくから始めたのに、
なかなか伸びない子もいれば、
小学生3~4年生くらいから始めたのに、
あっという間に十段を取得してしまうような子もいます。

これは“個人差”なので仕方ないことです。

 

継続は力なり

上達スピードは個人差ありますが、

練習しないのに、
上達することはまずありません!

それは間違いない事実です。

 

何でもそうですが、
継続して練習することが一番重要です!

なるべく毎日練習をすることです。

 

『そろばん』は、
1日練習しなかっただけで、
珠を入れる指のスピードが落ちます。

上級者にもなれば、
計算をするスピードがかなり重要になるので、
上級者になればなるほどそれを実感すると思います。

だから
なるべく毎日“そろばん”を触る
必要があるんですね。

 

ゆる~く、なが~く、練習を続けよう

ただ、
毎日継続するのはなかなか大変です。
練習できない日もあるでしょう。

頭の体操になれば、
そこまでやりこむ必要もないかなー
という人もいると思います。

 

なので、
毎日できれば理想ですが、できなかったとしても、
「できなかった次の日はやろう!」という感じで決めて、
“何日もそろばんに触っていない状況”がないようにしましょう。

そうすれば、
間違いなく上達します。

 

時間がない時は、
練習時間10分でも15分でもいいんです。

練習時間よりも継続する方が大事です!

 

ちなみに、
小学生くらいの子なら毎日練習を継続すれば、
少なからず結果はでます!!

継続して、
検定試験1回分毎日こなしていれば、
大会でも上位に名前を連ねることができるようになります。

 

1日に長時間練習すると、イヤになってしまので、
無理のない程度にいい意味で“ゆるく”

でも『そろばん』の効果を
より得るために“ながく”

そんなイメージで練習しましょう!

-そろばん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

『そろばん』段位~まとめ~

科目・制限時間および問題構成 日珠連主催段位認定試験について、 科目・制限時間および問題構成を、 できるだけ分かりやすく、まとめてみました。   過去の改正によって、 問題が大きく変更されて …

そもそも「そろばん」って何?その原理を知ろう!

目次1 はじめに2 このブログで「そろばん」を知ろう3 「そろばん」ってどんなもの?3.1 「そろばん」とは?3.2 「そろばん」の原理 はじめに はじめまして。 突然ですが、みなさん。 「そろばん」 …

『そろばん』8級~わり算~

「わり算」の問題例 8級の“わり算”の問題です。 わる数と答え(商)の桁が 合わせて3桁の問題になります。 8級はこのような問題が10問あります。 1問5点で50点満点となります。

『そろばん』段位~伝票算~(番外編)

段位認定試験「伝票算」の問題例 今回は、 日珠連では廃止されてしまった 「伝票算」について書いていきます。 全珠連の試験では、 まだ審査選択として残っているので、 参考になる部分はあるのではと考えてお …

一日の練習内容は?

・練習は毎日が基本 『そろばん』の上達には、毎日練習することが大切です。 そのことについては前のブログでも書きましたが、毎日の練習メニューはどのような内容なのか。ここでは、私が実際にしていた練習メニュ …

名前:abacus-man(アバカスマン)
職業:公認会計士
特技:暗算
趣味:カラオケ、読書、猫の世話