『そろばん』のすゝめ

全国大会に出場経験のある管理人が『そろばん』のノウハウや経験談をお伝えしていくブログです。

そろばん

実際に『そろばん』をしてみよう!Part.3

投稿日:2017年1月29日 更新日:

前回からの続きです!
《前回のブログはコチラ⇒実際に『そろばん』をしてみよう!Part.2

1から10まで足してみよう!《前回の続き》

さて、前回までに1から7まで足してきましたよね。今の時点で、図のようになっているはずです。
さぁ、合計が『28』の状態から再度足していきましょう!

 

『8』を足します。これは難しいですね。
前回『6』を足した(15+6)時を思い出してください。“5の珠が入れられなかった時は、諦めて隣の位に入れる”法則に従って、“5の珠”戻し(上げ)て「十の位」繰り上がり、なおかつ、「一の位」“1の珠”一つあげる、ってやりましたよね。

ここでも“5の珠”戻し(上げ)て繰り上げたいたいところですが、そうすると次が困ります。やりたいのは『28』に『8』を足すんですよね。『28』だと、「一の位」の“1の珠”がすでに、3つも埋まってます。“5の珠”を戻し(上げ)たところで、“一の珠を3つ”上げることができません。

そんな時は、“5の珠”を戻さ(上げ)ないで、“1の珠”2つ下げて「十の位」“一の珠”を入れる(繰り上げる)ようにするんです。次のように考えてください。

6を足したかったら4下げる。
7を足したかったら3下げる。
8を足したかったら2下げる。
9を足したかったら1下げる。

今回は『8』を足したいので、2を下げて繰り上げましたね。“足したい数字”と“下げる珠の数”の合計が10になると覚えておきましょう。これで、合計は『36』になりました。

『9』を足します。これも、『8』を足した時と同じですね。
“5の珠”はすでに入っています。それに『9』なので、“1の珠”を4つ入れたいところですが、すでに“1の珠”が1つ入っているので、入れることができません。よって、9を足したいから1下げて「十の位」“1の珠”1つ入れる(繰り上げる)んですね。合計は『45』になりました。

さぁラスト!『10』を足します。
これも簡単ですね。『10』を入れるので、「十の位」に珠を1つ入れてあげればいいのですが、すでに4つ珠が入っていますので、「十の位」“5の珠”入れ(下げ)て“1の珠”4つすべて下げてあげればいいだけです。

どうですか?できましたか?
1から10まで足したら、今度はその状態から、「10・9・8・7…」と引いていきましょう。引き方は足し算の逆をすればいいだけです。そうすれば最終的には『0』になりますよね。そしたら、また1から足していきましょう!

珠の動きが理解できたら、すらすら珠が入れられるように何回も繰り返しましょう。問題集もいらないので、“そろばん”があればいつでもできちゃますよね。そのうちに、意識しなくても指が勝手に動くようになりますよ。

-そろばん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「そろばん」ができると何がいいの?メリットは?

目次1 集中力が身につく!1.1 そろばんは“秒単位”の競技1.2 計算中は緊張感漂う教室内2 数字に強くなる!2.1 苦手意識が消える2.2 人生に数字はつきもの3 暗算ができるようになる!3.1 …

『そろばん』段位~かけ算~

段位認定試験「かけ算」の問題例 段位「かけ算」の問題です。   被乗数(かけられる数)と 乗数(かける数)合わせて11桁の問題となります。   これが60問で制限時間10分です。 …

私が愛用した『そろばん』

私が小学校高学年くらいから高校3年生でやめるまで、ずっと愛用していた『そろばん』です。 いわば“相棒”のようなものです。 この『そろばん』で、何回も検定試験を受けてきましたし、数多くの大会にも出場しま …

廃止された「伝票算」とは?

「伝票算」について 「伝票算」とは、 タテ9㎝×ヨコ13㎝の四角い紙に数字が記載され、 その紙の束をめくりながら計算する珠算科目です。 検定試験や各種大会では、 一枚の紙に5行の数字が記載されています …

『そろばん』が上達するポイントは?Part.1

上達のスピードには個人差がある 『そろばん』の上達度合いは、 人によってまちまちです。 なので、 一概に“このぐらい”と言えない ところはあります。

名前:abacus-man(アバカスマン)
職業:公認会計士
特技:暗算
趣味:カラオケ、読書、猫の世話