『そろばん』のすゝめ

全国大会に出場経験のある管理人が『そろばん』のノウハウや経験談をお伝えしていくブログです。

そろばん

実際に『そろばん』をしてみよう!Part.2

投稿日:2017年1月28日 更新日:

前回からの続きです!
《前回のブログはコチラ⇒実際に『そろばん』をしてみよう!Part.1

1から10まで足してみよう!《前回の続き》

さて、前回『1』から『3』まで足しましたね。
その合計が『6』となっているはずです。その続きからいきますね。

『4』を足します。
前回のブログにある『6』の状態だと、“5の珠”“1の珠が1つ”入っています。そこから『4』を足したいのですが、“1の珠”を4つ入れることはできませんね。

この場合、“1の珠”1つ下げて“5の珠”戻し(上げ)てから、隣の「十の位」“1の珠”を1つ入れます。繰り上がって、桁が変わるんですね。これで合計が『10』となりました。

ではなぜ、“1の珠”を1つ下げて、“5の珠”を戻し(上げ)たんでしょうかね?
さぁ、ここで、思い出してください。“4を足したかったら1下げる”んでしたよね?前回やったの覚えていますか?それを考えればいいんです。

ただ、今回はもともと『6』がそろばんに入っていましたね。だから、“5の珠”を入れることができません。5の珠が入れられなかった時は、諦めて隣の位に入れちゃいましょう!繰り上がるのは、必ず1つずつですよ。

『5』を足します。
これは簡単ですね。“5の珠”があいていますので、“5の珠”を入れます。
これで合計は『15』となりました。

『6』を足します。これもちょっと難しいですね。
まず、何もない状態で『6』を『そろばん』に入れるとどうなりましたか?ただ『6』を入れるだけだと、“5の珠”“1の珠を1つ”入れるようになりますよね(分からなかったら前回のブログ見てね!)。

『15』の状態から、無理矢理『6』を入れようとしても、もう“5の珠”が入っているので、『6』が入りません。“5の珠が入れられなかった時は、諦めて隣の位に入れる”んでしたよね!

なのでまず、“5の珠”戻し(上げ)て「十の位」“1の珠”一つ入れる。これで繰り上がりはOK!なおかつ、「一の位」“1の珠”一つあげる。これは『6』を入れる時の、“一の珠”の動きと同じです。合計で『21』になりましたね!

『7』を足します。
これは簡単ですね。『7』の基本的な形は、“5の珠”“1の珠2つ”でしたね。今までの合計『21』に、“5の珠”と“1の珠2つ”を入れます。
合計『28』となりました。

次回へ続く→実際に『そろばん』をしてみよう!Part.3

-そろばん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

そろばん塾を選ぶ基準は?

目次1 そろばん塾の場所で選ぶ2 そろばん塾の過去の実績で選ぶ3 そろばん塾の運営スタイルで選ぶ4 選び方は人それぞれでOK そろばん塾の場所で選ぶ 圧倒的にこれが多いでしょう。 そろばんを始めた理由 …

「日珠連」と「全珠連」の違いは何?Part.2

相違点①:難易度 一般的に言われているのは、 “日珠連の1級”と“全珠連の二段”が 大体同じくらいのレベルということです。   段位だけで考えても、 2ランクぐらい日珠連の方が難しい と言わ …

珠算能力検定試験9・10級 まとめ

問題構成 9・10級の検定試験は、 「見取り算」と「かけ算」のみとなります。 見取り算10問+かけ算20問(計30問) 全部あわせて、制限時間20分です。 どうですか?できそうですかね?

『そろばん』段位~かけ暗算~

段位認定試験「かけ暗算」の問題例   段位「かけ暗算」の問題です。   被乗数(かけられる数)と 乗数(かける数)合わせて5~7桁の問題となります。 問題は最後の方に行くにつれて難 …

実際に『そろばん』をしてみよう!Part.1

『そろばん』に必要な道具が揃ったところで、実際に『そろばん』をしてみましょう。 まったくやったことがない人もできるように説明していきますね。 目標はこのブログだけでも『そろばん』ができるようになること …

名前:abacus-man(アバカスマン)
職業:公認会計士
特技:暗算
趣味:カラオケ、読書、猫の世話