『そろばん』のすゝめ

全国大会に出場経験のある管理人が『そろばん』のノウハウや経験談をお伝えしていくブログです。

そろばん

『そろばん』9・10級~見取り算~

投稿日:2017年1月30日 更新日:

「見取り算」の問題例

9・10級「見取り算」の問題です。

2桁の数字が5列です。
答えは3桁になります。

このような問題が10問あります。
1問10点100点満点となります。

10問の問題の中には、
引き算を含む問題が4問程度出題されます。

 

「見取り算」からはじめよう

今日は10級の「見取り算」の
計算の仕方をご紹介します。

 

なぜ「見取り算」からなのか?

というと、見取り算は、

 

“足し引き”をしているだけの科目

 

だからなんです。
単純な計算科目なんです。

 

日珠連の検定試験は10級からありますが、
見取り算は、すべての級・段位に共通した科目です。

最初は制限時間は気にしないで、
解けるかどうかやってみましょう!

時間を計るのは、
基本的な珠の入れ方が分かってきて、
解けるようになってきたらで構いませんからね。

 

そろばんの他にも、
子供の教育副教材でお悩みの方はこちら!
『無料お試しセット』プレゼント中です♪
↓ ↓ ↓

「見取り算」の問題を解いてみよう!

前回までのブログで、
『そろばん』の基礎をやりましたね。

基礎を理解したら、次は実践練習です!

 

さぁ、
この問題を計算してみましょう。

基礎でやった内容から、
いきなり難易度が上がっていますね。

 

いきなり2桁かよ!

と思うかもしれません(笑)

しかし、
検定試験を受けるのはこのレベルからなんです。

 

はじめたばかりの人は、
一桁の問題が載っている問題集もありますので、
そういった教材を使って練習するのもいいでしょう。

 

ステップ①

さて、
ひとつずつ見ていきましょうか。

まず“78”を入れます。

これは簡単ですね。
そのまんまです。

 

ステップ②

次に“69”を入れます。

まず、
十の位に“6”を入れたいですが、
“5の珠”が入っているので、
百の位に繰り上がることが分かります。

 

十の位の“1の珠”は、

何もない状態の“6”を入れる動きと同じ

でしたよね。
なので“1の珠”は1つ上がります。

「十の位」の5を戻す
「十の位」を1上げる
「百の位」を1上げる

という流れです。
指の動きもその入れ方が一番早いはずです。

 

次に、
一の位に“9”を入れます。

すでに“8”入っているので、繰り上がります。

“9を足したかったら1下げる”
という法則がありましたね。

 

なので、

「一の位」を1下げる
「十の位」を1上げる

の流れです。

それで“147”になりました。

 

ステップ③

“30”を入れます。

これも簡単ですね。

十の位に“4”が入っていますが、
“5の珠”があいています。

 

この場合は、

“5の珠”を入れてから、
“3を足したかったら2を下げる”法則

に従って、
十の位の“1の珠”を2つ下げます。

 

「十の位」の5を入れる
「十の位」を2下げる

という流れ。“177”になりましたね。

 

ステップ④

“52”を入れます。

十の位には、
“5の珠”が入っているので繰り上がります。

 

しかし、
何もない状態で“5”を入れる場合
“1の珠”は動きませんね。

したがって、

「十の位」の5を戻す
「百の位」を1上げる

という流れでOKです。

 

次に、一の位に“2”を入れますが、
今、一の位には“7”が入っているので、
ちょうど2が入りますね。

「一の位」を2上げる

これだけで大丈夫です。
“229”になりました。

 

ステップ⑤

“14”を入れます。

十の位には、
“1の珠”が2つしか入ってないので、
単純に1入れるだけです。

 

「十の位」を1上げる

だけですね。
一の位に“4”を入れたいですが、
すでに“9”入っているので入りません。

なので繰り上がることが分かりますね。

 

“4を足したかったら1下げる”法則に従いましょう。

指の動かし方は、

「一の位」を1下げる
「一の位」の5を戻す
「十の位」を1上げる

とやった方がスムーズです。
これで、“243”の答えがでましたね。

 

最初はゆっくりでOK!

どうでしたか?

 

説明すると結構長くなってしまいますが、
珠の動きが分かれば簡単に解けるようになりますよ。

 

最初はゆっくりで構わないので、
順を追って珠の動きを確認してみてくださいね。

 

そろばんの他にも習いごとを探している方は、
こちらの『EPARKスクール』で、
自分に合う習いごとを探すこともできます♪

↓ ↓ ↓

-そろばん

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

そろばん塾を選ぶ基準は?

目次1 そろばん塾の場所で選ぶ2 そろばん塾の過去の実績で選ぶ3 そろばん塾の運営スタイルで選ぶ4 選び方は人それぞれでOK そろばん塾の場所で選ぶ 圧倒的にこれが多いでしょう。 そろばんを始めた理由 …

一日の練習内容は?

・練習は毎日が基本 『そろばん』の上達には、毎日練習することが大切です。 そのことについては前のブログでも書きましたが、毎日の練習メニューはどのような内容なのか。ここでは、私が実際にしていた練習メニュ …

実際に『そろばん』をしてみよう!Part.3

前回からの続きです! 《前回のブログはコチラ⇒実際に『そろばん』をしてみよう!Part.2》 1から10まで足してみよう!《前回の続き》 さて、前回までに1から7まで足してきましたよね。今の時点で、図 …

「そろばん」ができると何がいいの?メリットは?

目次1 集中力が身につく!1.1 そろばんは“秒単位”の競技1.2 計算中は緊張感漂う教室内2 数字に強くなる!2.1 苦手意識が消える2.2 人生に数字はつきもの3 暗算ができるようになる!3.1 …

『そろばん』が上達するポイントは?Part.2

前回に引き続き 前回のブログ記事では、 “継続する事の大切さ”について、 お話しさせていただきました。 《前回のブログ記事》 『そろばん』が上達するポイントは?Part.1   今回について …

名前:abacus-man(アバカスマン)
職業:公認会計士
特技:暗算
趣味:カラオケ、読書、猫の世話